So-net無料ブログ作成
検索選択

米韓、対北合同作戦に合意South Korea and US make Plans for Defense [原子力だって]

 米軍当局によると米韓は3月25日、北朝鮮からの挑発への対抗作戦の合意書に署名した(25日NYT)。

 合意書は、2010年に起きた南北国境で韓国が北との局地的衝突したときにどのように米軍が関わるかを決めた。この合意は、韓国軍主導で米軍が支援するというもので北からの挑発に合同で対処する際、それぞれに対する米韓の反撃を北多もの。ただし、米軍がどの程度まで関与するのかについての詳細は非公開。

 この合意は駐韓米軍司令官Gen.James D. Thurmanと韓国軍統合参謀本部議長gen.Jung Seung-joとの間で締結。ただ、米韓の軍事専門家は、北が核兵器で韓国と米国を攻撃する可能性は低いが、北による限定的な対韓攻撃の可能性が指摘された。

 米韓軍事同盟は60年を経過し、2015年に朝鮮戦争以来米軍が韓国軍の指揮コントロールを執ってきた体制が終わるという微妙なときに、今次の米韓共同軍事作戦に合意された。

 3月第3週に終了した米韓合同軍事演習ははじめて韓国軍統合参謀本部の指揮下で行われた。

(1日夜のビートたけしのお笑い番組で自民み社共の党首やら経済通、それに元NHKの評論家と元外交官が出ていて、楽しいお話をしてくれた。傑作だったのは、TPP反対のアメリカ人が日本は日米安保にただ乗りしたから経済発展できたとスルドク指摘したこと。押し付け憲法反対派は、このアメリカ人のコメントを無視して、自衛隊を増強すれば、米国防予算が少なくなり米国も喜ぶ、ウィンウィンだなんてのんきなことを言っていた。朝鮮総連本部はあのお坊さんが45億円で買うのかな。そして無料で北朝鮮の情報基地として使わせるのかな。関心を持っています。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。