So-net無料ブログ作成

英の核兵器増強に国防予算の35%支出Trident spending to accoun for one third of defence budget within a decade [原子力だって]

 英国のRoyal United Services Instituteの予測では潜水艦及び核抑止予算は2021/2022政府調達予算の約35%をとなるとする。(27 Feb.,The Telegraph)。

 報告によると、2024年退役予定のTrident後継は、総選挙の影響で保守党と自民党の間で合意の見通しがない。そのため、2016/2017以降にずれ込むなら、必要予算は暴騰するという。

 2013年6月までに編成予定の歳出予算案は2015/2016年予算でさらに減額が見込まれている。そうなると、戦闘機、航空機支援、ヘリ、水上艦予算は、2015/2016年以降、減額が顕著となるという。

 2013年1月、国防大臣Philip Hammondは、向こう10年間に1600億ポンドの予算が必要だと述べた。内訳は、Tridentの交代を含む潜水艦358億ポンド、戦闘機、爆撃機185億ポンド、新型航空母艦など水上艦174億ポンドだ。留保予算は80億ポンド。

(核兵器を保有するとその他の装備にカネがかかる。北の国防予算はほとんどが核開発だろう。中国は不明だが、同様かな。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。