So-net無料ブログ作成
検索選択

仏紙、安倍総理福島訪問で除染と復興を約束と報道Le nouveau premier ministre japonais visite la centrale de Fukushima [原子力だって]

 安倍首相が29日、原発事故のあった福島を就任3日目で訪問、危機解決の決意を示した(29日Le Monde)。

 同首相は、J vilageで、廃炉に向けた作業は苦労が多いが皆さんの努力のおかげだと述べた。

 被害の少なかった第5及び第6号機及び汚染された瓦礫の集積場へつなぎ吹くとマスク姿に着替えてバスに乗り込んだ。

 26日の総選挙の大勝利後、安倍首相は規制委員会の安全宣言に従い全ての原子炉の再稼動の意欲を隠さない。原発50機のうち停止している48基について、3年で結論を出すと選挙中に宣言していた。首相は日本が原子力エネルギー梨には経済的に立ち行かないと考えている。

 2030年代のエネルギー体制を10年間で決定するとし、前政権政策の「原発ゼロ」は無効とする。福島の5小選挙区のうち4選挙区は自民党にとられた。しかし、地元住民の原発への反対は激しい。

 実際、首相はすぐにも新予算で除染の加速と復興の加速を約束することとなる。

(原発ゼロ方針が白紙に戻されたとの朝日記事をみた。結構なことです。何にしても電力は必要ですから。

でも、3.11の原因究明と自民の政策的反省、今後の防災と放射能防護策がない。活断層もなしとの意見を規制委員会に言わせたいのだろう、経産大臣は。東電の救済、電力救済。経団連のご機嫌取りしか自民がやらないとしたら次の選挙結果は明らか。

それにしても何でこんなに経済活性化に守旧的発想しかないのか、本当になさけない。16年問題でHVの危機がさけばれようと、いずれ、自動車家電と同じ運命にある。自民さん希望のある政策をたてて欲しい。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。